お腹の脂肪を落とす方法

MENU

お腹の脂肪がすごい人の落とし方

お腹の脂肪の落とし方

お腹の脂肪を落とす方法,お腹の脂肪をとるには,とりたい,食事制限,内臓脂肪,男性の運動と筋肉の食事,効果,

 

 

このページでは落ちないお腹の脂肪を落とす方法について詳しく解説していきます。ダイエットしたい人ダイエット中だけどなかなか痩せられない場合は、基礎代謝量が低い可能性も高い。

 

どうやったら基礎代謝は上げられる!?←こちらもあわせてどうぞ。

 

お腹の脂肪が何なのか理解する

お腹の脂肪,落とし方.とる方法,ダイエット,カロリー

なぜお腹に脂肪がつきやすいのか
一般アンケートでは、男女ともに相手に痩せて欲しい部位【第1位はお腹】という結果が出ています。もちろんこれはお腹に1番脂肪がつきやすいため。

 

お腹にやたらつく脂肪について、どんなものなのか知ると落としやすくなります。そのためにもお腹の脂肪について少し知っておく必要があります。
ただダイエットしているだけではお腹の脂肪はなかなか落ちないといわれているためです。ではどうしてお腹の脂肪(贅肉)は落ちにくいのでしょうか?

 

お腹に脂肪がつくのはなぜ?

お腹の脂肪を落とす方法,お腹の脂肪をとるには,とりたい,食事制限,内臓脂肪,男性の運動と筋肉の食事,効果,

 

脂肪の種類は大きく分けて2種類あります。
この2つの脂肪は果たす役割とつく場所が違います。

 

皮下脂肪

皮下脂肪は女性につきやすい脂肪で、皮膚のすぐ下につきやすいのが特徴。女性のお腹のボヨンボヨンの贅肉もこれに当たります。
厄介なのはこの皮下脂肪は一度体内に蓄えられると分解されにくい性質を持っています。セルライトもこの皮下脂肪の蓄積が原因で起こります。

内臓脂肪 特に男性につきやすい脂肪で、落としやすい脂肪でもあります。内臓脂肪はその名のとおり内臓のまわりにくっつくように蓄積される脂肪です。

 

この皮下脂肪は特に筋肉量が少ない部分に蓄積されやすいのが特徴、そのため女性ではお腹周りや、太もも、腰まわり、そしてあごなどにつきやすいとされています。

 

蓄積された皮下脂肪が落ちにくいのです。

お腹の脂肪,落とし方.,ダイエット,食事,運動の効果と腹筋

脂肪の種類中でも、とても落ちにくいとされているのが、皮膚の下につく「皮下脂肪」です。消費エネルギーよりも摂取したエネルギーが上回ってしまった時に、消費されなかった栄養分が皮下脂肪として少しずつたまっていきます。そしてこの皮下脂肪は一度つくと分解されにくい性質なのでどんどんバームクーヘンのように重なり太っていきます。では、この皮下脂肪を効率よく落とすには一体どうしたらよいのでしょうか?

 

カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素,海藻,L-カルニチンこの皮下脂肪は特に筋肉量が少ない部分に蓄積されやすいのが特徴です。そのため女性ではお腹周りや、太もも、腰まわり、そしてあごなどにつきやすいとされています。

 

皮下脂肪を効率よく落とすには

脂肪を落とす方法,お腹の脂肪をとるには,とりたい,食事制限,内臓脂肪,効果,

引用:bionas
@皮下脂肪を使う

体はエネルギーが足りなくなるとこの皮下脂肪をエネルギーとして利用します。たくさん利用できれば皮下脂肪も減少していきます。これを一般的に脂肪燃焼といいます。脂肪を落とすには摂取エネルギーを減らして皮下脂肪を使って燃焼させるのがとても効率的な方法です。
【摂取カロリー<消費カロリー】を意識することが一番重要です。

 

【おすすめのダイエット方法】
・置き換えダイエット
・ファスティング

 

 

A皮下脂肪を燃焼させる

皮下脂肪を効率よく落とすには【摂取カロリー<消費カロリー】を意識する、つまり運動で消費カロリーを増やすことでたまった皮下脂肪を使い消費していきます。

 

【おすすめのダイエット方法】
・運動

 

@、Aどちらにもいえるのは“【摂取カロリー<消費カロリー】”で皮下脂肪を使って燃焼させて減らすということです。

 

おすすめの方法は1日3食の食事のうち1〜2食をたんぱく質をとりながら(カロリーをただ減らすだけだと筋肉量が落ちるので代謝が下がりせっかくの皮下脂肪が燃焼されにくくなります)300kal以下におさえること。たんぱく質や酵素をとることで脂肪燃焼が促進されやすくなります。

 

→たんぱく質と酵素入りのミラクル低カロリーダイエット食品“満腹感とおいしさが5つ★!”

 

お腹の脂肪が落ちやすい食品は?

お腹の脂肪,落とし方.とる方法,ダイエット,カロリー

最近では脂肪燃焼ダイエットとして痩せるおかず“やせおか”がとても流行っています。これもカロリーを減らして脂肪を使うことを目的とした食事方法です。やせおかで痩せられる人が多いのは、たんぱく質もしっかりと取れる食事になっているため脂肪燃焼効果が期待できるのです。どんな食材が脂肪を落とすことができて痩せるのでしょうか。
→痩せるおかず“やせおか”の効果とレシピ

 

カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素,海草脂肪を落とす食事に変える

 

食事のイメージとしては減らしながら増やさないということ。皮下脂肪を増やさないためには脂肪分や糖質、炭水化物などの多い食品を採り過ぎないこと、それと同時に脂肪燃焼に効果的な食材を摂取することを心がけることがおすすめです。食物繊維の多いダイエット食品も余分な栄養素を排出できるので摂取しましょう。

 

→食物繊維が豊富に配合されているおすすめのダイエット食品(茶、フード etc・・)

 

 

ショウガ
カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素

 

生姜に含まれてるジンゲロンは辛味成分のことで、体脂肪の燃焼を促進する効果があるといわれています。また脂肪を落とすのに欠かせないエネルギー消費を促進します。また、血行も促進されるので冷え性の緩和にもおすすめです。

 

“おすすめ食品”
ショウガ紅茶
レンチンショウガ

 

 

海藻
カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素,海藻

 

海藻に含まれるミネラルの中には代謝を活発にさせるものが多く含まれています。このような代謝促進作用があることから、また海藻はカロリーもとても少なく摂取カロリーも減らすことができるので脂肪を落とす燃焼ダイエットにとても向いている食材です。
脂肪燃焼成分“ヨウ素”が豊富な海藻=ひじき、わかめ、昆布など。

 

“おすすめ食品”
→たっぷり海藻まんぷくスープ

 

 

L-カルニチン
カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素,海藻,L-カルニチン

 

エネルギーの代謝に欠かせないといされるL-カルニチンはダイエットにおいてはとても注目されている栄養素で、このL-カルニチンは食べた脂肪分や、溜まってしまった皮下脂肪を燃焼させてエネルギーに変えてくれる働きをますので摂取をとてもおすすめします。このL−カルニチンが多く含まれているとされるのがラム=羊肉ですが、癖もありますし、頻繁に食事で摂取するのはなかなか困難です。マッシュルームにもたくさん含まれていますのでマッシュルームの方が摂取しやすくおすすめです♪このL−カルニチンは体脂肪の促進効果が高いですが食品にはあまり含まれておらず、ダイエット時はサプリメントなどで摂取する場合が多い。

 

“おすすめ食品”
マッシュルームサラダ
L−カルニチン配合サプリ

 

お腹に脂肪がつく食べ物

お腹に脂肪がつきやすい食べ物は大量に摂取するのを避け、適量に抑えることが大事です。

 

 

有酸素,運動,ダイエット,効果は,ダイエット,内臓脂肪,筋肉お腹に脂肪がつきやすい食べ物

 

糖質
カロリー,ダイエット,食事,運動,酵素,海藻,L-カルニチン

 

糖質は小腸でブドウ糖になって吸収されてエネルギーとして活動します。しかしエネルギーとして消費されなかったブドウ糖は脂肪細胞にどんどんたまってしまい、皮下脂肪の増加原因になります。このため糖質のとりすぎは注意が必要。糖質を多く含む炭水化物(小麦粉・白米・白砂糖を使ったもの)の摂取は控えめにしましょう。

 

*食事をとると血糖値が上がりますが、この血糖値があがると私たちの“膵臓”がお〜!?と反応してインスリンという成分が分泌されます。このインスリンが上昇することで腹部周辺の脂肪の貯蔵を促進してしまうとも言われています。

知っておこうインスリン(インシュリン)のpoint!
体脂肪の燃焼を抑制する 血液中の糖分が急に増えると、高血糖が血管へ大きなダメージを与え動脈硬化が進んでしまうため、インシュリンは体脂肪よりも燃えやすい血中の糖を優先してエネルギーにしてしまう。
体脂肪を蓄える

インシュリンレベルの高い状態が続くと、エネルギーとして使われずに余った糖は脂肪細胞の中に取り込まれて蓄えられてしまう。よって体脂肪が増加することに。
引用:ダイエットオンライン

 

男性,ダイエット,効果は,運動,酵素,ダイエット,内臓脂肪,有酸素運動,お腹の脂肪を落とす方法,お腹の脂肪を取るにはお腹に脂肪がつきやすい食べ物

 

塩分
男性,ダイエット,効果は,運動,酵素,ダイエット,内臓脂肪,有酸素運動,お腹の脂肪を落とす方法,お腹の脂肪を取るには

 

塩分の多い食事も太りやすいといわれていますがこれについてはピンときていない人も多い。塩分で太りやすい理由は“水分を溜め込んで身体がむくむ”ため。

 

水を飲みすぎるとむくむなどといった説もありますが、摂取した水分を“塩分がそれを溜め込む”ことでむくみます。そしてむくむことによってリンパの流れが詰まる→代謝が下がる→太るの悪循環が起こり、むくみを放っておくとこのサイクルでどんどん太ってしまいます。

 

 

30代以降のお腹の脂肪はなぜ取れない?

お腹の脂肪が落ちない,腰まわりの脂肪を,とりたい,食事制限,ダイエット,男性の運動と筋肉の食事制限,効果,

30代以降になると突然お腹や腰周りに脂肪がついてが落ちないくなってしまいます。

 

これは20代の後半〜年齢とともにお腹に限らず全体的に痩せない(痩せにくい)体質に変化してしまうため。洋服のお腹だけキツイ・・お腹だけとても目立つのはお腹により一層皮下脂肪が溜まっているためです(特に女性はホルモンの関係でもともと溜まりやすい)

 

30代からは基礎代謝量が下がる

それほど食べているつもりはないのに太ってきた、今までと同じようにダイエットしても体重が落ちなくなった、痩せなくなったという声が増えるのが30代。これは筋肉量が年齢とともに少しずつ減少することで脂肪を燃やしてエネルギーに変えることがスムーズに行えなくなっていることが大きな要因です。これが*基礎代謝が下がるということです。

 

私たちが1日に消費するエネルギーは7(基礎代謝):3(運動など)といわれていますので基礎代謝が低くなると余分な脂肪も蓄積されていくので、食事量は変わってないのに年をとるごとに皮下脂肪はつきやすく痩せにくくなります。

 

お腹の(全体も)脂肪を落とす方法
運動をして筋肉を増やす。
食事でカロリーをコントロールして栄養分は摂取してカロリーは摂らない。


基礎代謝を上げたい時におすすめの方法

代謝を上げる方法,代謝を上げるには,代謝とは,ダイエット,痩せない原因,

人間の代謝とは私たちの体内で起こっている〔化学変化〕と、〔エネルギーの転換〕のこと。摂取したたくさんの栄養素がくっついたり分解されたりします。この分解がスムーズにできると痩せやすい体質ということになります。そのなかでも大きく分けて3種類あります。

 

ダイエットに重要なのはこのエネルギーの転換で、これをエネルギー代謝と呼んでいます。エネルギー代謝を体の中でうまく行っていくことで脂肪が燃焼されます。

 

ダイエット時重要なエネルギー代謝の種類

ダイエット(脂肪燃焼)に大きく影響する代謝の種類は以下の3つでこの代謝を上げていくことが重要です。

 

  • 基礎代謝
  • 8時間睡眠後、14-18時間絶食した空腹時における安静覚醒時の完全な休息状態、暑さも寒さも感じない温熱中性状態での新陳代謝のこと。
    呼吸・循環・体温・蠕動運動・筋肉の緊張など、生体に必要な基礎機能の維持に必要な代謝で、そのエネルギー量を基礎代謝量と言う。

     

  • 活動代謝
  • 体を動かすことによってエネルギーを消費すること。

     

  • 食事誘導性熱代謝
  • 食事をすることによってエネルギーを消費すること。食物を噛む、食物を腸で消化吸収するなど、食事に関わる生体の働きによって、エネルギーが消費される。

     

出展:看護roo!

 

この3つの代謝を上手く活用して皮下脂肪を燃焼させることができればお腹の脂肪も徐々になくなっていきます。徐々にではなくちょっと急いでいるんです・・という人は【3日間ファスティングダイエット】がおすすめです。

お腹の脂肪をなくすためのまとめコラム

結論としてはお腹の脂肪はほとんどが女性の場合は皮下脂肪です。30代そ過ぎた頃からぽっこりとウエストが太くなる人が急増します。そして、女性の場合はどんなに痩せていた人でも更年期そ過ぎると更に脂肪がたまりやすくなる傾向があります。

 

このお腹周りのお肉のつき方によっては、リンゴ型や洋ナシ形などといった名称でも呼ばれています。これは痩せている人でも体型によっては当然当てはまります。脂肪を落とすためには当然現在ついている脂肪を燃焼させなければいけないわけで、これができるのは4つの方法があって、@食事などで口から体内に摂取するカロリーを減らすことAどんな運動でもいいので(歩く、小走り)などでもかまいませんが、運動をして脂肪を燃焼させるB脂肪の燃焼を促進する効果のある栄養素が入っている栄養補助食品やサプリメントでサポートすることC痩身エステなどのマシーンで直接脂肪にアタックすること。
この4つの方法が私たちが自分で脂肪を取るためにできることです。もちろんそれぞれかかるコスト(料金)もピンきりで、脂肪燃焼サポートのサプリメントなどであれば2〜3千円前後で購入できますが、痩身エステなどは1回平均1万円〜で10日おきに施術を受けることで効果を実感できるといった感じでお金がかかってしまいますね。運動が嫌いで、食事制限もあまりしたくないという人にはおすすめの方法ですが、毎月5万円以上は効果を実感するためにはかかりますので、@、A、Bのダイエット方法がやっぱり妥当ですね。
そういえば先日インターネットの掲示板でこんな質問を見つけました。

 

20代の女性で身長は160cm弱で体重も50キロもないのに、お腹の脂肪だけがとてもすごくて座ると何段にもなってしまう。。絶食ダイエットを何度もしてみても体重は落ちて一瞬お腹はへこむけど、少し食事をするともうすぐにもどってしまう。怖くて食事もできないのも悲しいしお腹だけは出てるしどうしたらいいか分からない負のループです・・という質問でした。体重はとても少ないのでお腹にだけ脂肪がたくさんついているというよりは、運動も昔からほぼしないといっていたので、おそらくお腹周りに全くといっていいほど筋肉がないのでしょう。更に絶食ダイエットをしてしまっているので筋肉も落ちてしまって、基礎代謝でもも筋肉がない分脂肪が他の人よりも全く燃焼されないのではないでしょうか。女性は特にお腹にはもともと皮下脂肪がつきやすい体に生まれてきていますので無理なカロリー制限や絶食でのダイエットは筋肉をおとしてしまってリバウンドしやすく脂肪もぐんぐん溜め込む体になってしまうので20代の前半でも40代以降に起こる悩みを抱えたまま生活しなければいけなくなってしまうんですね。
体重を減らすだけのダイエットは本当に危険なので、絶対にやめましょうね。

 

30代人気置き換えダイエット食品口コミランキング!へ戻る